名古屋市千種区名東区のふじの眼科クリニック

名古屋市千種区眼科|名東区眼科|星ヶ丘駅眼科|星が丘テラス|土日祝日診察|結膜炎|緑内障|白内障|ドライアイ|眼底疾患|人間ドックニ次健診|近視進行予防
 052-734-9990
お問い合わせ

結膜炎の症状と治療

 

結膜炎は多くの方が一度は患ったことがあるくらい、よく聞かれる疾患です。

薬局で目薬を購入して治そうかと、軽く考えられがちな疾患ではありますが、中には後遺症が残るタイプもあります。

細菌性やウイルス性、アレルギー性など、原因によって、対処法や治療法も異なりますので注意が必要です。

 

結膜とその働き

 

結膜は白目の部分と上下のまぶたの裏側の部分を覆っている薄い膜を結膜といいます。

外からの細菌やウイルスの侵入から眼を守るバリアの働きをしています。

かといって皮膚のように強固な膜ではないため、外界からの刺激を受けやすく、感染や炎症が起こりやすいと言えます。

 

結膜炎の原因

 

結膜炎には細菌やウイルスが感染して起こる、感染性結膜炎と、何らかの原因(抗原)に対して免疫が過剰に働いた結果起こる、アレルギー性結膜炎などがあります。

また、黒目の横に瞼裂斑という、結膜の増殖した組織に炎症が起こる、瞼裂斑炎も結膜炎の一種です。

アレルギー性結膜炎に関してはこちらをご覧ください。

 

 

細菌性結膜炎 

 

 原因

ブドウ球菌、インフルエンザ菌、肺炎球菌などの細菌が感染することにより起こります。

症状と特徴

充血や黄色っぽい目やになどの症状が出ます。 

はやり目と異なり感染力は強くありません。

 

 治療

細菌を殺す、抗菌剤の目薬で約1週間以内には治ることがほとんどです。

程度に応じて1日4回から6回ほど点眼してもらいます。

症状が良くなったらすぐに点眼をやめてしまう患者さんもおられますが、まだ細菌が残っている可能性があるため、治ってからも数日はさし続けた方がよいでしょう。

 

 予防法

目をこすったり、病気などで抵抗力が落ちたりすると、かかりやすなりますので、手をしっかり洗い、不必要に目をこすらないこと、体調を整えることが有効です。

 

ウイルス性結膜炎

 

 原因

結膜炎を起こすウイルスで代表的なものはアデノウイルスです。 

アデノウイルスにはいくつかの型があり、主なものは、8、19、37、53、54、56型などがあります。

アデノウイルス以外にも、エンテロウイルス70型、コクサッキーウイルスA24型、ヘルペスウイルスなども結膜炎を起こします。

ここでは主に、はやり目といわれるアデノウイルスによる結膜炎について説明していきます。

 

 症状と特徴

ウイルスが侵入した後、アデノウイルスでは1週間から10日の潜伏期間を経て発症します。

強い充血と大量の目やにが出ることが特徴で、左右どちらか片方から始まります。

アデノウイルスは眼だけでなく、のどにも感染するため、発熱やのどの痛み、リンパ節の腫れなどかぜ症状を伴うこともあります。

痛みを伴うこと、涙の量が多いこと、結膜下出血を伴うと細菌性ではなくはやり目を疑います。

ただし、ウイルス性でも、型によって症状が軽いものがあるため、細菌性結膜炎とほとんど見分けがつかないことがあります。

そのため当院では集団生活をしているお子様や医療関係、学校関係にお勤めの方は、念のためはやり目の検査をしております。

 

  検査の方法

綿棒で下瞼の結膜をこすって目やにを採取してアデノウイルスがいるか検査をします。7分間で結果が分かります。

感染の初期で、ウイルス量が少ないと陰性に出ることもあり、症状が強い場合は、念のため感染予防に気を付けて頂きます。

 

● 治療法

合併感染を防ぐため、抗菌薬の目薬と炎症を抑えるステロイドの目薬をさして頂きます。

直接ウイルスを殺すお薬はありませんので、発症してからピークを迎える1週間ぐらいまでは、点眼をしていてもどんどん悪くなります。

最終的にウイルスは自己の免疫力によって排除されますので、しっかり栄養と休養を取って、体力をつけることが重要です。

完全に治るまでは2~3週間かかります。

 

 感染予防

 非常に感染力が強いため、学校や会社は休んで頂く必要き、人ごみを避けて下さい。

ご家族にも感染しないよう、なるべく目を触らず、タオルは別々にする、お風呂は最後に入るなど感染予防に気を付けて下さい。

 後遺症

充血や目やにがおさまってきたころ、何となく眼がかすむ症状が出ることがあります。

これは、はやり目の後遺症で角膜が白く濁ってしまうためです。

ステロイドの点眼が効果がありますので、角膜の濁りが完全になくなるまで、眼科に通院するようにしましょう。

 

瞼裂斑炎

 

瞼裂斑とは

黒目の左右にできる黄色っぽい隆起で、紫外線やコンタクトレンズなどの慢性的な刺激により結膜にタンパク質や脂肪が沈着したものです。

症状

普段は無症状ですが、瞼裂斑に炎症を伴うと、充血や異物感を自覚します。

他の結膜炎と異なり、白目全体の結膜充血はなく、また目やにもほとんど出ません。

治療

炎症が起きた時は抗炎症作用のある点眼を処方します。

瞼裂斑自体は目薬では治りませんが、無害のため、手術することもありません。

瞼裂斑の予防

紫外線を避けるため、サングラスや帽子を使用したり、コンタクトレンズを控えて頂くことが予防になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.21 Wednesday