名古屋市千種区名東区のふじの眼科クリニック

名古屋市千種区眼科|名東区眼科|星ヶ丘駅眼科|星が丘テラス|土日祝日診察|結膜炎|緑内障|白内障|ドライアイ|眼底疾患|人間ドックニ次健診|近視進行予防
 052-734-9990
お問い合わせ

ものが二重に見える

 

ものが二重に見えるとき、大きく分けて、眼球に原因がある場合片眼性複視と、眼を動かす筋肉や神経、脳に原因がある両眼性複視とに分かれます。

どこに原因があるかを調べるために、ぜひ確認して頂きたいことがあります。

左右の眼を片方ずつ隠してみて下さい。左右どちらかの眼だけでも二重に見えれば片眼性複視、片眼を隠すと一つに見えれば両眼性複視です。

突然発症した両眼性複視では、緊急の治療が必要になることがありますので、特に注意が必要です。 

 

片眼性複視の原因

 

 乱視

 

二重に見えるという症状で一番多い原因が、乱視です。

角膜や水晶体のゆがみによって起こり、外から入ってきた光がバラバラの場所に焦点を結ぶため、二重に見えます。

眼鏡やコンタクトレンズを装用すると矯正できます。

 

 白内障

 

年齢とともに、眼の中のレンズのに相当する、水晶体が濁る病気です。

濁りを通して光が入ってくるため、二重に見えたりかすんだりします。

視力低下により生活に支障が出てくると、白内障手術をします。

 

 水晶体偏位

 

水晶体が外傷などでずれてしまっている状態です。

外傷がなくても、元々水晶体を吊り下げている線維の部分が弱い方は水晶体偏位を起こすことがまれにあります。

光が入ってくるときに屈折の仕方が変わってしまい、二重に見えてしまいます。

程度が強い場合は白内障の手術をして、レンズを入れ替えます。

 

両眼性複視の原因

 

 斜視

 

眼を動かす筋肉や神経に明らかな異常がない場合の斜視について説明します。

片眼で正面を見ているとき、他眼が違う方向を見ている状態を斜視といいます。

外側に向いている外斜視、内側に向いている内斜視、また、上下の斜視に分かれます。

子供の頃からの斜視では、脳がそれに慣れていて、二重に見えるという症状がないこともあります。

疲れた時や体調の悪い時だけ二重に見えるという症状では、間欠性斜視であることがあります。

これは、普段は眼を動かす筋肉を働かせることによって視線を合わせていても、疲れた時や体調の悪い時は、筋肉の力では代償できず、症状が現れたものです。

また、年齢とともに眼を動かす筋肉の働きが弱くなり、斜視が顕在化してくることもあります。

斜視の治療やその時期については、原因や年齢により検討しますが、大人では、斜視の程度が強く、外見が気になる場合に手術が行われます。

 

 外眼筋麻痺

 

眼を動かす筋肉が何らかの原因で麻痺して、左右の眼の位置が合わせられず、二重に見えます。

眼の筋肉の炎症や萎縮によって起こります。

 

 眼を動かす神経の障害

 

眼を動かす神経は脳から出ていて、動眼神経、外転神経、滑車神経の3本があります。

この3本の神経が、眼を動かす筋肉をコントロールしており、その中の一本でも以上があると、左右の眼の向きを合わせることができなくなり、二重に見えます。

動眼神経の障害では瞳孔が大きくなり、瞼が下がってくる症状を伴うことがあります。

神経が障害される原因として、外傷、脳動脈瘤、脳梗塞、脳出血、脳腫瘍、糖尿病による神経障害などがあります。

眼科では対応できませんので、直ちに脳外科や神経内科にご紹介します。

 

  その他の全身疾患

重症筋無力症や甲状腺眼症などでも、二重に見えるという症状が出ることがあります。

 

二重に見えるという症状では、眼科以外の、命に関わる疾患が原因となっている場合もあります。

繰り返しになりますが、突然発症した両眼性複視では、お早めの受診をお勧めします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.21 Wednesday