名古屋市千種区名東区のふじの眼科クリニック

名古屋市千種区眼科|名東区眼科|星ヶ丘駅眼科|星が丘テラス|土日祝日診察|結膜炎|緑内障|白内障|ドライアイ|眼底疾患|人間ドックニ次健診|近視進行予防
 052-734-9990
お問い合わせ

目が痛い

目は小さな臓器ですが、わずかな傷でも痛みを強く感じます。

特に、角膜には神経が張り巡らされていて、少しの異常でも教えてくれているのです。

また、眼の奥の痛みは視力低下や吐き気など、他の症状も合併することがあります。

眼の痛みを起こす病気はどのようなものがあり、どのような症状に注意するとよいのでしょうか。

眼の表面の痛みと奥の方の痛みとに分けて考えていきます。

 

眼の表面の痛み

 

● 異物/化学物質による痛み

 

睫毛や砂、コンタクトレンズの破片、鉄粉、薬品などが入って痛みが起こります。

特に瞼の裏側に異物が入りこんでしまうと、なかなか取れにくく、角膜と擦れて傷がつきます。

水などで洗っても取れない場合は、無理をせず眼科を受診しましょう。

ただし、酸性やアルカリ性の薬品が入った場合は、すぐに大量の水道水で洗ってから眼科を受診して下さい。

眼の表面に薬品がついたままですと、角膜に浸透してしまうためです。

 

● 睫毛内反

 

睫毛が内側に向いて生えていて、角膜に当たると、痛みを感じます。

数本であれば、ピンセットで抜くことができますが、また生えてきます。

睫毛全体が眼球に当たっている場合には手術をお勧めします。

お子様では、成長に伴って眼の形が変わり、自然に軽快することもあります。

 

 

● 結膜結石

 

何も入った覚えがないのに、異物感を感じます。

瞼の裏を見てみると、結膜の中に白っぽく小さい、石のようなものがが出来ます。

これは、脂質などの分泌物が固まったもので、奥にある間は症状がありませんが、結膜の表面に出てくるとゴロゴロします。

眼科では、目薬の麻酔をしてから、ピンセットで取り除きますので、痛みなく処置できます。

慢性的な結膜炎がある方によく出来ますが、はっきり原因が分からないこともあります。

 

● 角膜びらん

 

異物が入ったり、何かが当たったりして、角膜の表面が傷つくことを角膜びらんと言います。

角膜は皮膚などと同じで、自分の力で傷を治していきますので、その間に感染を起こさないようにすることが大切です。

治療は、細菌感染を起こさないよう、抗菌の目薬と、角膜治癒を助ける目薬を点眼して頂きます。

痛みが強い場合は、眼軟膏を入れると、眼の表面の摩擦が少なくなり、痛みが和らぎます。

 

● 角膜潰瘍

 

角膜に細菌やウイルス、カビなどの微生物が感染したものです。

原因はコンタクトレンズによる傷や、木の枝が当たったなどの外傷などです。

抗菌の目薬や軟膏、程度が強いと、抗菌薬内服で治療します。

 

● ドライアイ

 

角膜の乾燥が強いと、角膜に傷がついて痛みを感じます。

詳しくはドライアイ

 

眼の奥の痛み

 

● 眼精疲労

 

眼の奥の痛みで、最も多い原因が眼精疲労です。

パソコンやスマートフォンを長時間見たり、合わない眼鏡やコンタクトレンズの使用、老眼や遠視、斜視、ドライアイなどが原因となります。

治療は、眼鏡やコンタクトレンズの度数を合わせる、ドライアイや眼精疲労の点眼治療、生活環境の改善をお勧めします。

 

● 急性緑内障発作

 

眼圧(眼の硬さ)が急激に上昇し、激しい眼の痛みを感じます。

眼の痛みとともに頭痛や吐き気、充血、視力低下などを起こします。

痛みが激しいため、眼科ではなく、救急外来や内科を受診される方もいらっしゃるほどです。

治療は早急に点滴と目薬で眼圧を下げ、レーザーで虹彩(茶目)に穴を開けて眼の中の水の通りをよくし、眼圧を下げます。

(当院では点滴の用意がありませんので、対応できる病院にご紹介します)

 

● ぶどう膜炎

 

眼の中の虹彩毛様体脈絡膜という3つの組織または、その一部に炎症が起こる病気です。

眼の奥の痛みとともに、充血、眼のかすみ、視力低下、光の周りに虹がかかって見える症状を伴うことがあります。

原因は自己免疫疾患によるもの、感染によるものに大きく分かれ、原因がはっきりしないこともよくあります。

治療は、明らかに感染がない場合、まずは炎症を抑える目的で、ステロイド点眼を用いることが多いです。 

ステロイド点眼で効果がない場合や、眼の奥の方に炎症が波及した場合は、ステロイドの注射、内服、点滴を追加します。

 

 ● 強膜炎/上強膜炎

 

強膜とは結膜の下にある、眼球の形を保っている白い膜です。

そこに炎症が起きることを強膜炎、上強膜炎といいます。

リウマチなどの自己免疫疾患や、全身の炎症性疾患が原因となりますが、ぶどう膜炎と同じく、特に原因がわからないことが多い病気です。 

痛みとともに強い充血を伴いますが、結膜炎のような目やにはほとんど見られないのが特徴です

眼の後ろの方の強膜に炎症が広がると、視力が低下してしまいます。

治療は炎症を抑えるステロイド点眼を用い、点眼で効果がない場合は、内服や点滴治療を行います。

 

● 視神経炎

 

視神経とは眼球の奥から出ている神経で、眼で見た情報を脳に伝える大切な神経です。

この視神経に炎症が起きるのが視神経炎です。

視神経炎の眼の痛み特徴は、眼を上下左右に動かすと、痛みが強まること、痛みの出現と同時または数日遅れて視力低下が起こることです

原因は視神経の中に存在するタンパク質に対して、免疫が過剰に働いてしまうことによります。

治療はステロイドを大量に点滴するステロイドパルス療法を行います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2018.11.21 Wednesday